スキンケア、まずは内側から!

スキンケアは中身から
肌の綺麗さを求めて、スキンケアなどをやってキレイな肌を目指す人は多いと思います。

ドラックストアなどに行けばスキンケア向けの商品が沢山ありどれを選べばいいかで悩んでいる人も多いでしょう。


「内臓の健康状態が肌に現れる」

肌は体の内側を表す鏡であり、内蔵などの健康状態によって左右されるという事です。

仮に高級なスキンケアで効果のあるものを使用したとしても、それは表面を覆い隠して、ごまかしているだけで根本的な解決にはなりません。

そこで考えていただきたいのが「健康的な肌を根本から作るために生活習慣を変えよう」という事です。

 

食生活を見直す

内臓の健康状態は食事などによって大きく左右されます。

脂っこい食事や、カフェインが多く入ったものを飲み続けたり、砂糖が大量に含まれたものを多く摂取するなどすると内臓に負担がかかり、肌にも影響が出ます。
そうならない為にも、消化の良い食事やカフェインの摂取を控えたり、甘いものを食べないようにするなどして、内臓に負担を掛けないようにしなければいけません

野菜を多く食べ、食べる量を減らせば内臓の負担が減ります。

内臓の消化というのは「消化→吸収→休息」のプロセスが大事だと言われています。

ここでの大事なポイントは「内臓の休息時間」です。

理想を言えば12時間ほど食べ物を食べないようにして、胃などの内蔵を休める時間を作らないと常に負担が掛かってしまうからです。

内臓は休息している間に回復をさせようとしている作用があります。

ひっきりなしに食事や完食などをすると常に内臓が活動状態に入り、休む暇がありません。

ですので夜の7時から翌朝の7時まで12時間(理想を言えば昼の12時まで)休ませると内臓が休む時間が設けられて、内臓が回復することが出来て健康な肌になることが出来ます。

 

適度な運動を心掛ける

軽く汗をかいて汗腺を働かせたり、有酸素運動によって体の内部の欠陥の血流を促進させて、体中に栄養が行き渡りやすい体を作ると健康的な肌のためになります。

冷房の効いた部屋で冷たい飲み物を飲み、運動などもしなければ体の血管がどんどん弱っていき、健康的な血管が出来にくくなり、キレイな肌を作るための栄養も運ばれなくなります。

ですので、速歩きのウォーキングなどの時間を1週間に何回か実行するようにして、徐々に健康的な肌を作るために、体の内側の血管などを鍛えるようにしましょう。

健康的なスキンケアは外側からだけではなく、内側からも作ることが出来ます。

食事や運動などに気をつけて、美肌を目指しましょう。

childrensnurturingprojectorg

Related Posts