ムダ毛の自己処理ってどうやってする?うまくできないならプロの施術もあり

ムダ毛の自己処理

自分で上手に自己処理する方法には

自己処理の方法には、毛抜き、カミソリ、電気シェーバーや家庭用脱毛機があります。
毛抜きは一本ずつ毛を抜く事になりますので、部分的な脱毛や範囲が狭い脱毛に向いていますが、うまく抜けないで途中で切れてしまったり、毛穴にばい菌が入ってしまうトラブルが起こることがあります。
カミソリでの処理は一般的ですが、肌が弱いタイプですとカミソリ負けを起こして炎症を起こしてしまったり、肌トラブルも考えられます。

シェービングクリーム
カミソリを使う間に、ムースやジェルを使ったほうが、肌は傷めなくて済みます。

家庭用脱毛機
家庭用脱毛機は、エステや病院よりも照射力は弱めですが、自宅で脱毛ができる機械です。
難点は値段が少し高いということと、仕上がりはエステや病院とは違うものになります

電気シェーバー
おすすめなのは電気シェーバーになります。

動いている刃を直接肌に触れないようして、ムダ毛をカットするイメージで処理していきます。
肌には直接触れませんのでトラブルも起こりにくく、シェーバーの大きさを変えれば、いろいろな部位に対応できます。
自己処理をしたあとには必ずローションや保湿クリームなどで肌を乾燥から守り、炎症から守る様な後処理をします

 

自己処理のメリット・デメリットとは

メリットデメリット
自己処理のメリットは、やはり自宅で好きな時間に好きな場所を処理することができるということです。
この部分だけ少しだけ気になるという時でも、自分で処理をすぐにすることができます。
また、お金も一度器具を買ってしまえば、そこまで使うことはありません

ローションや保湿クリームなどは消耗品ですのでたまに新調する必要がありますが、普通の化粧水でも十分に対応できます。

デメリットととしては、やはり自分で処理をするので、面倒だと感じてしまったり、処理自体がうまく行かないことがあります。
背中や自分で処理しずらいところは、プロにお願いした方が良いです。
自己処理をすることで肌トラブルの危険性も高くなります
処理自体が下手で肌を傷つけたり、保湿されないことで肌荒れを起こしたり、サロンでプロがおこなえばそのようなことはありません

 

ムダ毛の他の対処法

ワックス脱毛
他にも、器具を使わなくても、脱毛ワックスやクリームなどではがして取るタイプの脱毛方法があります。
剥がした瞬間は痛みを感じますが、比較的面倒なことはなく、脱毛ワックスはできるようになります。
クリームは塗ったところの毛が抜けますので、そのまま洗い流すことができることは楽で良いです。
これらの方法は、全体的に処理するという面では優れていますが、部分的に処理するとなると少し難しいところもあります。
使う薬剤が合わないとトラブルを起こすこともあります

 

サロン脱毛

サロン脱毛
サロン脱毛とは一般的に脱毛エステでおこなう脱毛のことで処置はエスティシャンがおこないます。
照射力は医療脱毛に比べると弱めですが、機械の相性が合えば、毛は数回のお手入れで順調に抜けていきます

肌のお手入れも同時にしていますので、後から肌トラブルが起こる様な事は少ないです。
人気のサロンは予約が取れないことがあったり、全身脱毛にすると値段が高くなったりなど自己処理とは違った悩みも発生しますが、キャンペーンなどを利用するとお得に脱毛することができます

ミュゼ
【公式】ミュゼ

医療脱毛

医療脱毛
医療脱毛とはサロン脱毛とは違って、医師や医療従事者がおこなう脱毛です。

照射力は強めでレーザー脱毛をおこない、保険がきかない脱毛となりますので料金は比較的高めです。
しかしながらその効果は抜群であり、サロン脱毛より抜ける期間が早いことがメリットとなります。

照射力が高めですので、肌トラブルが心配ですが、もし何かあっても医師の診察までが早いです。
脱毛や肌のトラブルすべてをお任せすることができます。

【おすすめサイト】
【datsumou-ikejyo】~脱毛のすべて2020~

ムダ毛の自己処理まとめ

「自己処理」の方がコスパがいいといえるでしょう。しかし、長期的にみるとムダ毛が生えてくる間は処理との闘いになってきます。若いうちはいいですが、年齢を重ねるごとに肌トラブルが起こりやすくなってきますので特に「デリケートゾーン」などの部位は早めに生えてこない状態にしていた方がいいかと思います。お肌のことを考えながら、上手にムダ毛をなくしていきましょう。

childrensnurturingprojectorg

Related Posts