【従来より痛みの少ない医療脱毛】青髭をなんとかしたい人、乾燥肌・色黒肌の人には”蓄熱式“

痛みの少ない医療脱毛
従来の医療レーザーは、黒い色素が集中する毛根にレーザーが吸収され、毛根が熱を発します。その結果、毛根の周りの皮膚組織にも熱が伝わり、肌が乾燥するまたは炎症が起きるという症状がみられました。軽いやけどのような現象です。

また、毛根がある深さは神経に近いことからも、従来の医療脱毛では痛みによって医療脱毛にネガティブな要素を感じる人が少なくありませんでした。

一方で、蓄熱式の医療脱毛においては、毛根を作る場所「バルジ」を破壊します。

バルジは毛根よりも浅い部分にあり、角層に比較的近い場所に存在するため、痛みが少ない治療が可能だと言えるのです。

このように、従来の医療脱毛と比べて痛みが軽減される仕組みで開発されているのです。

①青髭にお悩みの人に蓄熱式の医療脱毛をおすすめしたい理由

青髭にみえる仕組みは、剃った毛の断面の色が毛穴から見えるからです。青髭を解消したいのであれば、剃毛ではなく脱毛を考えたいところです。

ここで、医療脱毛クリニックと美容サロン、どちらで脱毛を行うかを検討する必要があります。

美容サロンで行われるのは光脱毛という種類で、「減毛・抑毛」に対する施術です。一方の医療脱毛クリニックでは、レーザー脱毛という種類で、「脱毛」に対する治療に値します。

光脱毛では一時的に髭が減った・生えなくなったようには見えても、一定の期間を経て再び生えてくる可能性を秘めているのです。

レーザー脱毛では、前述のように毛根もしくはバルジを破壊するため、永続的に青髭の悩みから解消されると言えます。

②乾燥肌・色黒肌の人に蓄熱式の医療脱毛をおすすめしたい理由

さて、蓄熱式の医療脱が乾燥肌・色黒の人にもおすすめしたい理由は、蓄熱式脱毛ならではの特性にあります。

もちろん、光脱毛・レーザー脱毛、どちらにとっても肌ダメージを受けることは避けられず、痛みが全くない施術・治療はありません。

しかし、従来の医療脱毛の仕組みのように黒い色素に吸収されるレーザーの場合ですと、毛の周りの組織や肌のメラニンなど吸収され熱を発することで、皮膚の比較的深い部分や肌表面の広範囲がダメージを受けることになってしまっていたのです。

一方の蓄熱式では、黒い色に反応するのではなく、毛根よりも表面に近い部分に、細かく照射します。
そうすることで、色黒の人でも痛みを感じにくい治療が可能になりました。

併せて、レーザー治療による肌乾燥や炎症はほとんど発生することなく終えることができるのです。

【参照】医療脱毛の特徴や料金、口コミまとめ

childrensnurturingprojectorg

Related Posts